チワプー(プーチー)の値段はいくら?成犬の大きさ・体重、トリミング料金は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

チワプーってどんな犬?

チワプーは、チワワとトイプードルのミックス犬で、「プーチー」と呼ばれることもあります。

英語圏では、「チープー」「ワプー」などと呼ばれることもあります。

チワプーは、ミックス犬の人気ランキング1位といわれることもあるほどの人気です。

そこで、人気ミックス犬のチワプーについて詳しくご紹介します!

記事の後半には、可愛いチワプーの子犬動画もありますのでぜひご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

チワプーの価格・値段の相場

  • 10~30万円

チワプーは、10万円~30万円が平均的な値段になります。

近年、チワプーの人気が高まっているため、良い血統である場合は100万円を超す子犬もいます。

また値段が上がる傾向として、以下の点に当てはまるほどチワプーの値段は高くなり、以下の点から外れるほど値段が安くなる傾向があります。

  • 目が大きめ
  • 両目の間隔がほどよい
  • マズルが短め(チワワ寄り)
  • 顔立ちが可愛い
  • 被毛が巻き毛(トイプードル寄り)
  • 毛色がアプリコット・レッド系
  • 身体が小さめ
  • 健康状態が良い
  • 生後日数があまり経過していない
  • 性格がしつけやすく飼いやすい

逆に言えば、これらの点のどれかを妥協することで、値段の安いチワプーを購入しやすくなります。

  

スポンサーリンク

チワプーはどこで販売してる?ペットショップ、ブリーダー、里親?

  • ペットショップ
  • ブリーダー
  • 里親募集サイト

ミックス犬人気ナンバーワンのチワプーですので、取り扱っているペットショップやブリーダーも最近ではだいぶ多くなってきました。

里親募集サイトでも、チワプーは数多く掲載されています。

チワプーは人気犬種ですので、容姿の可愛いチワプーはお店やネットで公開直後にすぐ売れてしまう事も珍しくありません。

チワプーの子犬を迎え入れるには、信頼できるブリーダーからの購入がおすすめです。

しかし中には悪質な繁殖業者(パピーミル)によって劣悪な環境下で無理な繁殖をさせられて、健康に問題のある子もいます。

信頼できるブリーダーかどうかは、ネットの口コミだけでなく、そのブリーダーに次の項目を質問してみて誠実に答えてくれるかどうかを判断基準としてみてください。

  • 両親犬の情報(サイズ、健康状態、病歴など)
  • その子の健康面、遺伝疾患の情報
  • その子の性格(どんなおもちゃが好きかなど  ※その子をちゃんと観察しているかの目安になる)
  • アフターフォローの有無
  • そのほか犬全般の知識

チワプーの成犬の大きさ(平均体高、平均体重)

  • 平均体重:2.7kg
  • 平均体高:25cm

「チワワ」は純血犬種で最も小さい犬です。

一方、一般的な小型犬の大きさの「トイプードル」。

両犬のミックス犬であるチワプーの成犬は、チワワより一回り大きめのサイズになります。

トイプードルの特徴が脚の長さに出る子が多いので、大人のチワプーの体高はチワワとトイプードルの中間くらいの大きさになる子が多いようです。

[参考]
【体高】チワワ:15~23cm、トイプードル:24~28cm
【体重】チワワ:1.5~3kg、トイプードル:3~4kg

チワプーのお手入れ(トリミング料金、カット料金、ブラッシング、シャンプーなど)

  • カット:月に1回ほど
  • シャンプー:月に1~2回ほど
  • ブラッシング:なるべくこまめに(できれば毎日
  • トリミング料金:トイプードル料金になることが多い

チワワの被毛はあまり手入れの必要のない毛質をしていますが、放置しておくと毛が伸び続けてしまい巻き毛が絡まって毛玉になってしまうので、トイプードルは定期的にトリミングすることが欠かせません。

その点、チワプーは巻き毛の特徴が出たとしても緩やかかなカーブなので、トイプードルに比べるとお手入れはそれほど手がかかりません。

しかし、放置すると毛玉になってしまうので、こまめなブラッシング(できれば毎日)で綺麗な毛並みを保ってあげましょう。

チワプーのトリミングの頻度は、月に1度ほどです(被毛はトイプードルの影響が出やすいため)

また、シャンプーは、月に1~2回ほどでよいでしょう。

チワプーのトリミング料金は、被毛の質・量・体のサイズを基準にして決められ、チワワ寄りならチワワ料金、トイプードル寄りならトイプードル料金としているお店が多いです。(チワプーの被毛はトイプードル寄りの子が多いので、トイプードル料金にしている場合が多いようです)

ただ、チワプーをトリミング店に出したところ、マルチーズの毛質に近い子だったことから、マルチーズ料金とされたケースもありますので個体差が大きいといえるでしょう。

チワプーはバリエーション豊んだ被毛をしているので、トイプードルのように色々なカットを楽しむことが出来ますよ。

画像で比較!チワワとトイプードル、どっち寄り?

チワワ、トイプードル、チワプーの画像をご覧ください!

 

チワワ

画像-成犬-カット-ブリーダー-里親-販売-性格-抜け毛

 

トイプードル

チワプー-画像-成犬-カット-ブリーダー-里親-販売-性格-抜け毛_2

 

チワプー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Oliveさん(@olive_the_chipoo)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ellaさん(@ella_chi_poo)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Presley the ChiPooさん(@presleythechipoo)がシェアした投稿

全体的な印象

全体的な印象としては、巻き毛と垂れ耳になる子が多いので、トイプードル寄りの子が多いようです。

チワワとトイプードルの目の特徴は次のとおり。

  • チワワ:丸くて大きい目。両目の間隔が広め。
  • トイプードル:アーモンド形の目

どちらの特徴が出やすいかは、その子によって大きく違いがあります。

両犬のミックス犬であるチワプーは、チワワとトイプードルの中間くらいの目の大きさ、目の間隔になる子が多いようです。

もちろん個体差があるので、チワワの影響が強く出ればチワワの目の特徴が強く出ますし、トイプードルの影響が強く出ればトイプードルの目の特徴に近くなります。

チワワとトイプードルの耳の特徴は次のとおり。

  • チワワ:立ち耳
  • プードル:垂れ耳

両犬のミックス犬であるチワプーは「垂れ耳」の子がほとんどです。

しかし中には「立ち耳」、「半分垂れ耳」、「片耳が立ち耳・片耳が垂れ耳」のチワプーもいます。

マズル・脚・体高

チワワとトイプードルの「マズル・脚・体高」の特徴は次のとおり。

  • チワワ:マズル・脚・体高は短め
  • トイプードル:マズル・脚・体高は長め

両犬のミックス犬であるチワプーは、チワワとトイプードルの中間くらいの長さになる子が多いようです。

もちろんトイプードルの影響が強ければ「マズル・脚・体高」は長めになりますし、チワワの特徴が強く出れば短めになります。

しっぽ

  • チワワ:カーブした尻尾
  • トイプードル:ストレートの尻尾

両犬のミックス犬であるチワプーは、チワワの特徴が強く出る子が多いのでカーブしたしっぽの子が多いようです。

ただトイプードル寄りの子であれば、ストレートのしっぽの子も珍しくありません。

被毛(毛質)

チワワとトイプードルの被毛の特徴は次のとおり。

  • チワワ:おもにストレート(緩やかなウェーブの子もいる)
  • トイプードル:カーリータイプ(巻き毛)、コーテッドタイプ(緩やかなウェーブ)

両犬のミックス犬であるチワプーは、基本的にトイプードルの影響が強く出るのでトイプードルのような巻き毛の子が最も多くなります。

もちろん、チワワの影響が強く出ることによあるやんわりとしたカールの毛になる子もいますし、ストレートタイプ、ワイヤータイプ、ストレートと巻き毛の混合タイプの子もいます。

毛色

チワワもトイプードルも、実に豊富な被毛の色があります。

そのミックス犬であるチワプーの被毛色は、両親以上の種類になります。

  • アプリコット
  • ブラック
  • ブラック・アンド・タン
  • ブラウン
  • ブラウン&ホワイト、チョコレート
  • ダークブラウン
  • ゴールデン
  • ライト・ブラウン
  • 白など

このようにさまざまな毛色になりえます。

成犬になると色が変わる子もいますよ。

チワプーの性格

  • 甘えん坊
  • 社交的で人なつっこい
  • 利口
  • 警戒心は強め
  • 運動量は多め

ちなみにチワワとトイプードルの性格は、以下です。

[チワワの性格]

  • 甘えん坊
  • 攻撃性が高め
  • 警戒心が強い
  • 独立心旺盛

[トイプードルの性格]

  • 甘えん坊
  • 陽気
  • 活発で遊び好き
  • 社交的
  • 人なつっこい
  • 従順
  • とても賢い
  • 学習することが好き

このように比べてみると、チワワとトイプードルの性格はある意味対照的に思えますね。

両者のミックス犬のチワプーの性格は、トイプードルの性格の特徴が強く出る子が多いので、チワワの警戒心が強くて攻撃性が高い性格は、トイプードルの人なつっこくて従順な性格によって和らいでいるといえます。

またチワワもトイプードルも「甘えん坊」な性格をしているので、チワプーは飼い主が大好きな子が多いようです。

トイプードルの性格の影響を強く受け継げば、学習することが大好きなしつけやすい子になりますが、チワワの特徴が強く出れば、しつけが難しくなることも考えられますので子犬の頃からしっかりとしたしつけと社会化をしていくことが必要です。

運動面については、活発で遊び好きのトイプードルの特徴がでやすく、運動量はやや多めになります。

毎日15分ほどの散歩をしてあげると喜びますし、走ることも好きなのでドッグランなどで運動をさせてあげればストレス解消にもなりますよ。

チワプーのしつけやすさは?

  • しつけやすい

社交的で学習好きのプードルの影響が強く出ることが多いため、チワプーもしつけやすい犬種といえます。

チワワ由来の攻撃性や警戒心が強めに出たとしても、トイプードルのしつけやすさも引き継いでいるはずですので、小さい頃からのしつけや社会化で改善できるでしょう。

チワプーは無駄吠えする?

  • 普通程度

チワワの影響が強い子であれば、チワワの警戒心の強さから無駄吠えが多くなることがあります。

プードルの影響が強い子であれば、チワワゆずりの無駄吠えも軽減されることがあるでしょう。

いずれにしろ子犬の頃からの育て方、しつけ方で無駄吠えの程度は大きく変わってきます。

チワプーの平均寿命は?

  • 13~15年

チワワもトイプードルも比較的長生きする犬種ですので、そのミックス犬のチワプーも長生きする犬種になります。

またミックス犬は純血犬種よりも遺伝疾患にかかりにくいといわれており、長生きしやすい傾向にあります。

チワプーの体臭はある?

  • 体臭はとても少ない

トイプードルは体臭が極めて少ない犬の代名詞ですし、チワワも体臭は少ない犬種です。

両犬のミックス犬であるチワプーもその特徴を受け継いでいるので、体臭の少ない犬種になります。

チワプーのかかりやすい病気

  • 膝蓋骨脱臼(膝関節の皿脱臼)
  • 股関節形成不全
  • 進行性網膜萎縮症
  • 低血糖症

ミックス犬は、純血種に比べて遺伝疾患を発症しにくく長生きしやすいといわれています。

しかし、両親の遺伝性の病気にかかる可能性が絶対に無いわけではありません。

チワプーの抜け毛の量

  • 抜け毛の少ない個体が大部分

チワワは抜け毛が多い犬種ですが、トイプードルは毛の抜けにくい犬の代名詞になっているほど毛が抜けない犬種です。

そのミックス犬であるチワプーの被毛は、トイプードルの特徴が強く出る個体が多いので、抜け毛の少ない子が大部分になります。

ただし当然ながら個体差がありますので、中には抜け毛が多い子もいます(全体の1~2割ほどといわれています)

チワプーの可愛い動画

最後に、子犬のチワプーの可愛い動画をご覧ください!

Cruza de razas: Chihuahua + Poodle = Chihuapoodle!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
中型哺乳類犬種(犬の種類)犬/イヌ
もふもふし隊をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
もふもふのしっぽ

コメント